読書感想文~お金持ちになれる黄金の羽の拾い方2015 知的人生設計のすすめ~

おはようございます!
昨日は朝から、家でまったり→午後からダゾーンでレイソル戦を観戦!

前節ヴィッセルに勝利しましたが観戦しておらず・・・
「自分が観戦することで負けてしまったらどうしよう・・・」などと、午前中から真剣に考えてましたw(バカですねーw)
しかし、「観たい」という欲求には勝てず、観戦したら

見事勝利!!

マリノスから2点取って、相手の攻撃をしのぎ切りクリーンシート(無失点のこと)達成!!
最高の週末ですね!!!

ハモンロペスも復帰し、ブラジルトリオが完成し、細貝選手もフィットし始めている今の状況を見て
今後に期待せずにはいられません!

次節は新潟戦、このまま連勝を伸ばしていただきたいですな!

というわけで、今日は読書感想文です

今回読んだのは
お金持ちになれる黄金の羽の拾い方2015 知的人生設計のすすめ

です
通常のサラリーマンがお金持ちになるための考え方、行動を指南する本です!
日本版「金持ち父さん、貧乏父さん」と評する方もいらっしゃるようですが、それもうなずける内容だと思います。

以下印象に残った部分の抜粋&感想です

・お金持ちになるための方法は3つ
1 収入を増やす
2 支出を減らす
3 運用利回りを上げる

・持ち家が良いのか、賃貸が良いのか?
どちらが良いかはないが、不動産を購入した場合資産運用はそこで終わり&30年後にローンの終わった家には価値がないのが現実

・サラリーマンは一番税金を搾取しやすい対象
法人を作り、税金の額を減らせるように工夫することが大事

・税務調査の裏と表
税務調査をやる人間も意思のある人なのでつけ入る隙が・・・??

・私たちの仕事は大きく3つに分けられる
クリエイター、スペシャリスト、マックジョブの3つである。マックジョブが嫌で、会社に見放されても個人でたくましくやっていくためには、クリエイターのスキルを伸ばす以外道はない。

・日本人は仕事を聞かれて会社名を答えるが、アメリカ人は自分の専門を答える。
日本人は、ゼネラリストの育成を目指し、社内で通じる専門性の育成をしている一方、アメリカでは専門性を重視し、専門性で出た結果に対して賃金が支払われる(年齢、国籍、性別等には依らない、そうしないと差別で訴えられてしまう)

・ホームレスのエピローグ
「ロバート・キヨサキでさえ一時はホームレス生活だった」という書き出しで本編が始まりこのエピローグ・・・
人生何が起こるかわからないということでしょうか?

・あとがき
経済的に成功するためには、経済合理的でなくてはならない。
国家は神聖なものでも、崇拝や愛情の対象でもなく、人生を最適設計するための道具だ。

気になったところはこんなところです。

感想ですが、マイホームと賃貸の部分の優劣の部分とクリエイターのスキルを伸ばす必要性があること、
経済的に成功するためには、経済合理的でなくてはならない。
国家は神聖なものでも、崇拝や愛情の対象でもなく、人生を最適設計するための道具だ

という部分が特に考えさせられました。(家を買うのは当分先かなw)

自分は「金持ち父さん 貧乏父さん」も読んでいたので重なる部分もありましたが、両方に書かれている「お金持ちになる方法」を地道に実行しつつ、
上記の3つを踏まえた生活をしていけるようにしたいと思います。
資産も、自分の能力も運用期間を延ばすことが長期的には一番大事なのではないかと思いました。
(日々少しづつの努力でも長く実行すれば大きな成果が得られる。)
久々の読書感想文(感想文になっていないかもw)ですが、今年も残り約8か月!
少しでも多く読破できるように頑張ります!
そして、その知識を奨学金の返済に活かしたいものです。

それでは恒例の

奨学金or年金に追われている方、完済目指してお互い頑張りましょう!

皆様良い日曜日をお過ごし下さい!(/・ω・)/

nakati

東京で生まれ 家計の事情もあり大学受験では国公立大学を志望するも死亡w 縁あって私立大学に入学すると同時に奨学金の恩恵を受ける。 両親と奨学金のおかげで、大学・大学院と6年間ものとても充実し過ぎた大学生活を送り無事就職! 2014年結婚し、改めてお金について考えた時に奨学金・資産運用について危機感を覚え、 自分を改めるため2015年「給料と資産運用で奨学金完済!」を立ち上げ日々、完済とちょっぴり豊かな生活を目指し日々戦うアラサーリーマンです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA