本当の「奨学金」

ロートなど、震災遺児400人に奨学金

以下引用

同基金は、震災で両親もしくは片方の親を失った子供を対象に大学や短大、専門学校の入学金や授業料を無償で肩代わりしている。現在までに約24億円の寄付金を集めたといい、設立から25年間で約40億円の奨学金給付を計画している。

これこそ本当の「奨学金」ですよね!

物価上昇を目指す日本にとってみれば、学費の上昇は避けられないでしょう。このような本当の「奨学金」を受けることで多くの学生が高等教育を受けられるようになることはとってもイイことだと思います。

 

このニュースをご覧いただき、どこかの独立行政法人も少しは見習って頂ければと思う今日この頃なのでしたw
少しは薬になって頂ければいいのですが・・・

nakati

東京で生まれ 家計の事情もあり大学受験では国公立大学を志望するも死亡w 縁あって私立大学に入学すると同時に奨学金の恩恵を受ける。 両親と奨学金のおかげで、大学・大学院と6年間ものとても充実し過ぎた大学生活を送り無事就職! 2014年結婚し、改めてお金について考えた時に奨学金・資産運用について危機感を覚え、 自分を改めるため2015年「給料と資産運用で奨学金完済!」を立ち上げ日々、完済とちょっぴり豊かな生活を目指し日々戦うアラサーリーマンです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA